コンプライアンスの定義、
体制図

コンプライアンス方針と推進体制

ワコールグループでは、株式会社ワコールホールディングス「企業倫理・リスク管理委員会」が策定したコンプライアンスに関するグループ方針の下、 役員・従業員が法令および定款を遵守し、健全な社会規範に従った業務を執行するため、独自の「ワコール倫理規範」と「企業倫理・ワコールの行動指針」を制定し、コンプライアンスに関する推進体制を構築しています。

コンプライアンスの定義
(「コンプライアンス規程」より)

当社グループでは、役員および従業員が行動指針を正確に理解し、それらに即した行動を継続的に実践することを目的に「コンプライアンス規程」を制定しています。本規程の中で、「コンプライアンス」とは、『ワコールグループの事業活動に従事する者が、関係法令や社内規程をはじめ、「ワコール倫理規範」、経営方針および一般社会通念等の趣旨に従い作成された「企業倫理・ワコールの行動指針」を正確に理解し、良識をもって行動すること』と定義しています。
なお、本規程の基本方針は次の通りです。

(1)「企業倫理・ワコールの行動指針」の実効性を確保する施策を、長期的視野で作成した年間計画に基づいて、これらを着実に実行する。
(2)役員および従業員が、行動指針等の趣旨を理解し自立的に行動できる。
(3)コンプライアンス遵守に関する適切なモニタリングが行われている。

コンプライアンス推進体制

企業倫理・リスク管理委員会

代表取締役社長を統括責任者として、管理担当取締役、社内取締役、事業会社の取締役、執行役員ほかで構成しています。企業倫理の遵守体制の強化と徹底に加え、グループ経営全般に関わるリスクの把握や管理体制の整備と強化を図っています。

コンプライアンス委員会

「企業倫理・リスク管理委員会」が策定したグループ活動方針を受け、コンプライアンスへの取組みを有効なものとするため、各事業部門の管理責任者から構成される「コンプライアンス委員会」を設置しています。
「コンプライアンス委員会」では、「企業倫理・ワコールの行動指針」の制定、改廃をはじめ、コンプライアンスへの取組みを有効なものとするための具体的な活動施策の策定、活動状況のモニタリング、コンプライアンスリスクの評価、行動指針に反する行為や反する恐れのある行為に対する是正措置をとるといった活動を行っています。

PAGETOP