グループ経営理念

社是

わが社は 相互信頼を基調とした
格調の高い社風を確立し
一丸となって 世界のワコールを目指し
不断の前進を続けよう


創業者 塚本幸一は「生かされている人生を、世のため人のために尽くそう」と考え、「女性が美しくしていられる社会こそ平和な社会」という信念に基づき会社を設立しました。「すべての人々に美しくなって貰う事によって、広く社会に寄与する」というワコールの目標は、時代が変わっても変わることのない、私たちの存在価値であり、原点です。そして、この目標を実現するためには「相互信頼」経営が不可欠であり、すべてのステークホルダーから信頼される会社にならなければならない、という創業者の想いは、今も従業員一人ひとりに受け継がれています。

ワコールの目標

世の女性に美しくなって貰う事によって
広く社会に寄与する事こそ
わが社の理想であり目標であります


「経済的価値」と「社会的価値」の創造を両輪に、持続可能な社会の実現を目指すことは、私たちワコールグループとお客様との約束であり、私たちの責務です。当社の事業は、世界中の女性が自分らしい美しさを表現し、いきいきと生きられる社会づくりに貢献するなど、本業が豊かな社会づくりにつながっています。「安全・安心」はもちろんのこと、社会からのさまざまな期待に応えることで、これからも下着文化の新たな領域を創造し、その集大成として世界のお客さまからの信頼度が世界一となるよう努力していきます。

経営の基本方針

  • 愛される商品を作ります
  • 時代の要求する新製品を開発します
  • 大いなる将来を考え正々堂々と営業します
  • より良きワコールはより良き社員によって造られます
  • 失敗を恐れず成功を自惚れません


経営の基本方針は、ワコールグループの全社員が社是・目標の達成に向け、持つべき心構えや、取るべき行動をあらわしています。
お客さまの意識は時代と共に進化し、ご要望も次々に移り変わっていきます。また、社会からの期待も同様に常に変化しています。
経営の基本方針は、つねに時代の変化を読み、過去の成功体験に自惚れることなく、挑戦を繰り返すことの大事さを全社員に伝えています。

PAGETOP