メッセージ

コロナ禍を、新時代の飛躍につなげる好機として捉え、
大胆な自己変革を実行します

2020年の始まりとともに端を発し、現在、全世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症は、世界各国で事業を展開する当社グループにおいても甚大な影響を及ぼしています。収束に向けた道筋とその後の世界がどこへ向かうのか、先行きは依然不透明ですが、私たちはこの難局を、新時代で飛躍するための好機に変えなければなりません。
新しい時代が求める価値創造を実現し、本当に社会から必要とされる企業になれるかどうか、「自己変革の正念場」にあると認識しています。従来のビジネスモデルを徹底的に点検するとともに、過去や慣習にとらわれることなく、大胆な変革を実行することで、この難局を必ず乗り切ってみせます。
同時に、コロナ禍がもたらす価値観の急激な変化の先を読み、「愛される商品を作る」「時代の要求する新製品を開発する」という経営理念を実践できる人材の育成と、成長に向けた健全なリスクテイクを果敢にとることができる土壌の醸成に尽力してまいります。
全世界のグループ社員が危機感と未来への想いを一つにし、すべてのステークホルダーの皆さまとの相互信頼の関係を構築することで、今以上に社会から必要とされ信頼される存在に進化してまいります。そして、失敗を恐れない向上心と、過去の成功に甘んじない謙虚さを持って、企業価値の向上に努めるとともに、持続的な社会の実現に貢献してまいります。

2020年11月
株式会社ワコールホールディングス
代表取締役会長塚本 能交

「世界のワコール」を目指して、
不断の前進を続け、
経済的価値と社会的価値の創造を両輪に、持続可能な成長を目指す

わずか半年余りの新型コロナウイルス感染症の世界的大流行により、世界のあり方は大きく変わりました。収束に向けた明確なシナリオは未だなく、先行き不透明な状況はしばらく続くと見ています。しかしながら、ワコールの創業の精神であり、経営理念の根幹にあるのは、「世の女性に美しくなって貰う事によって、広く社会に寄与する」ことです。これは、どのような社会変化や危機の中にあっても、変わらないものの一つです。ワコールは、日用品としての存在でしかなかった下着に、新たな付加価値を加えることで、独自の下着文化を創造してきました。心まで躍るような先駆的な商品で、女性がイキイキと輝く社会づくりに貢献してきました。これは、当社グループが今後も守り続けたい存在価値です。

一方で、「女性の美しさの定義」や「女性が求める美の基準」は、時代とともに変化しており、私たちが提供する商品やサービスが同じままでは、通用しません。特にアフターコロナの社会において、女性の行動様式が変わった時、そこに求められる下着のあり方も変化していくことは想像に難くありません。さらには、ワコールが女性の美しさや活力ある毎日を支えることができるのは、下着の領域だけではないかもしれません。つまり、今までとは違ったコンセプトでの下着づくりや、下着以外の事業領域も視野に入れるなど、当社グループの存在価値を高めていくための事業展開を確実に変化させていくべきものと考えています。 流通や環境が大きく変化し、消費者の生活様式や価値観が大きく変わっていく『新しい時代』の中で、ワコールグループ全員が、顧客を想い、未来を想い、経営理念で掲げる世界中のお客さまの「美しくありたい」という願いを叶えるために、「愛される商品」「時代の要求する新製品」を生み出し続けてまいります。

また、企業理念である「世の女性に美しくなって貰う事によって、広く社会に寄与する」ことを実践していくために、自らの事業活動が環境や社会に及ぼす影響を認識するとともに、本業に通じた社会的事業活動を持続的に進めることで、社会課題の解決に取り組む必要があります。引き続き、働きがいと働きやすさを両立する環境整備を進めるとともに、仕入れ先やお取引先とも緊密な連携を築き、「人権」、「労働慣行」、「環境」、「倫理」などの面でも、社会的な要求事項をともに遵守・尊重していきます。

そして、徹底的な顧客視点によるバリューチェーン改革の実行とともに、価値創造プロセスを進化させることで、豊かな社会の実現に資する商品やサービスを継続的に提供してまいります。

2020年11月
株式会社ワコールホールディングス
代表取締役社長執行役員 安原 弘展
PAGETOP