推進体制・具体的な取り組み

推進体制

より実効性の高いCSR調達を実現するために、2018年4月に「CSR調達委員会」を設置、担当取締役を委員長に関連部門の責任者をメンバーとして構成しています。委員会は、CSR調達に関する全体計画の立案と進捗確認、当社グループの横串調整、教育、指導、支援等を行います。

状況を的確に把握し、継続的に是正・改善に取り組む仕組み

「ワコールグループCSR調達ガイドライン」に定める内容の遵守状況について、製造委託先の自己評価等によるモニタリングに始まり、分析・評価フィードバック、是正・改善計画、フォローアップという、一連のサイクルを機能させることによって、的確に把握し、継続的に是正・改善を行う取り組みを2018年1月より開始しました。何か課題が見つかれば製造委託先と一緒に改善策を考え、継続的に支援を行います。

製造委託先工場の基本情報開示

当社は、お客さまをはじめ、株主・投資家や社会といった全てのステークホルダーに対して基本情報を開示し、サプライチェーンの透明性を高めると同時に、相互信頼と協働の考え方に基づいて、製造委託先の工場とともに社会的要求事項に対する責任を果たしてまいります。「ワコール」と「ウイング」ブランドをはじめとする製造を委託する個々の工場より、広く社会からの監視に晒されることを意識し、当社とともに継続的な改善に取り組むといった趣旨に賛同をいただいたことを受けて、2018年5月から工場の名称、住所といった基本情報を公開しております。工場情報は、このWEBサイトで逐次更新していきます。

2019年3月期のCSR調達の取り組み内容と2020年3月期の計画

2019年3月期 取り組み内容

  • ㈱ワコール(「ワコール」・「ウイング」ブランドのインナーウェア対象)、 ㈱ピーチ・ジョン、 ㈱ルシアン、 ㈱Aiの全製造委託先工場の自己評価(書類調査)によるモニタリング実施
  • 自己評価の分析と各社へのフィードバック、是正・改善計画の提出を完了
  • 製造委託先工場を対象に現地監査を実施(対象工場の約1割を現地監査)

2020年3月期 計画

  • 上記の現地監査を継続(対象工場の約2割の現地監査を予定)
  • CSR調達活動の対象範囲拡大 ((株)ワコール卸売事業本部で展開するインナーウェア以外の部門、及び小売事業本部の製造委託先工場を調査対象に追加)
PAGETOP