1. ホーム > 
  2. ワコールだから、できること > 
  3. 世界へ広がる“ここちよい”美しさ。

ワコールだから、できること

伝える、広める

世界へ広がる“ここちよい”美しさ。

ワコールは、“世界の女性を美しく”をコンセプトに、世界各国で事業を展開しています。これまでアジア、アメリカ、ヨーロッパへと生産・販売のネットワークを拡大し、2015年12月にはインド最大の都市の一つであるムンバイに1号店をオープンしました。

インドは今後、世界で最も人口が多くなると予想され、経済も急成長している国です。人々の暮らし、消費への価値観なども日々変化していて、20~30代の働く女性は民族衣装サリーではなく洋服着用が主流になってきました。外資・新興企業に勤める人も多く、新しいものや外国ブランドにも敏感です。

ワコールはこの成長著しいインドに着目し、2007年から市場調査を開始。その中で私たちが考える本当の“ここちよさ”や“美しさ”をインドの女性に広く提供したいと考えるようになりました。出店に向けて行なったインドの20~30代女性を対象とした下着試着・マーケティング調査では、「よい下着を身につけたい」という思考の高まりをひしひしと感じる一方で、自分に適したサイズを知らない方も多くいらっしゃることに気づきました。

カラダと心にジャストフィットする商品を。

ムンバイの高級ショッピングモール内、黒を基調とした高級感のあるワコールの売り場には、十分な試着室が配され、現地で育成されたビューティーアドバイザー(BA)が採寸やコンサルティングを丁寧に行なっています。暑い季節が長期に渡るインドでは、下着の素材も重要視されます。
単にサイズを合わせるだけでなく一人ひとりの気持ちにフィットするサービス、そして商品を提供することが求められています。

“世界の女性を美しく”。この壮大な夢は、一つひとつの商品づくり、店舗展開、日々の接客が折り重なり、実現していきます。最初はほんのささやかな歩みかもしれません。でも一歩一歩、確実に大切に、ワコールの持つ価値を世界へお届けできるよう、歩みを進めています。