1. ホーム > 
  2. “Wacoal”というモノづくり > 
  3. 女性美に、科学の光を。

“Wacoal”というモノづくり

Wacoal Method

女性美に、科学の光を。

ワコールは毎年1,000名のからだを計測し、約50年にわたり蓄積した延べ40,000人以上のデータを基に、“人間科学”の視点をもって、お客さまが求められる価値を発見、創造し、提供することに挑戦し続けています。

その核となる人間科学研究所は、からだのフォルムや内部組織から感覚・生理・心理、生活スタイルに至るまで、幅広い研究領域を持ちます。
初めて世に提唱した「ゴールデン・プロポーション」(1965年)は、日本人女性の美の新基準として話題を集め、各年齢層に対応した「ビューティフル・プロポーション」(1979年)、人それぞれの美のバランス「ゴールデンカノン」(1995年)は、美しさの多様性を意識するきっかけとして注目されました。その後も、女性のからだを科学的に追求した研究成果を数多く発表しています。

「世の女性に美しくなって貰うことによって広く社会に寄与する」。
ワコールのこの目標は、ワコール人間科学研究所の日々進化する研究を通して、私たちが取り組む全ての活動に息づいています。

ゴールデンカノン(1995年発表)

ゴールデンカノンは、従来のマルチン式計測法による人体計測に、三次元計測装置を駆使した形状計測を追加し、一人ひとりの美しさを発見するための立体的なバランス指標です。
特徴は「寸法ではなく、バランスを基本に置いている」ことと、これが美しいというのではなく、「美しさを6つのポイントで見つけ出す」という点にあります。つまり、ゴールデンカノンは、すべての人が理想とするプロポーション像ではなく、一人ひとりの女性が自分自身の個性的な美しさを引き出すための「ものさし」なのです。

BWHの周径バランス

ウエストに対するバストの割合(縦軸)と、ウエストに対するヒップの割合(横軸)で体系を分類すると、バスト優勢なV型、ヒップ優勢なA型、ウエストがくびれたX型、ストレートなI型の4タイプに分けることができる。美しいバランスは斜めに描いた長方形の範囲。

トルソ・バランス

【厚みのバランス】ウエストを1とした場合、Ⓕバスト=1.3 Ⓖヒップ=1.3 Ⓗ背中のくびれ1/3 Ⓘ一番突出している部分はバスト。
【横幅のバランス】ウエストを1とした場合、Ⓐ肩幅=1.6 Ⓑ乳頭間=0.8 Ⓒヒップ=1.4
【高さのバランス】Ⓓバストの高さは肩とウエストの中間 ⒺBWHの高さ比=1:1:1.2