1. ホーム > 
  2. CSR > 
  3. ステークホルダーとのかかわり

ステークホルダーとのかかわり

ワコールとステークホルダー

ワコールの事業活動は、多くのステークホルダーの信頼の上に成り立っています。事業活動を通して、各ステークホルダーからの期待に応えていくことが「相互信頼」を確立し、企業の社会的信頼度を高めることにつながると考えています。
ワコールグループでは、ステークホルダーを、お客さま、株主・投資家、ビジネスパートナー、従業員とその家族、地域社会、NPO・NGO、行政としています。

ステークホルダーとのかかわり図
  • お客さま
    お客さま満足と安全・安心を第一に考えた価値ある商品・サービスの提供を通して、お客さまの真の満足を追求します。
  • 株主、投資家
    健全で透明性のある経営を行い、事業活動を通じて株主価値を継続的に高めます。
  • ビジネスパートナー
    仕入先さまや得意先さまとの相互信頼に基づいた公正な取り引きを通じて、持続的な事業の発展を目指します。
  • 従業員とその家族
    社内のコミュニケーションを促進し、チャレンジ精神にあふれた自律型の人材を育成するとともに、公正な評価と待遇を基盤として、人権の尊重と相互信頼に基づくやりがいのある職場づくりに努めます。
  • 地域社会
    企業活動の基盤である地域社会の一員として、地域社会とのコミュニケーションに努めるとともに、地域の活性化と調和のとれた発展に貢献します。
  • 行政
    良き企業市民として法令を遵守すると共に、納税の義務を果たし、行政の円滑な運営に協力します。
  • NPO・NGO
    継続的な対話と協働を通して、より良い社会の構築に参加します。

ステークホルダーエンゲージメント(ステークホルダーとの対話)

すべてのステークホルダーに、ワコールグループのCSR活動をもっと知っていただくことを大事にしたいと考えています。
なかでも「株主・投資家」の皆さまには、個人投資家向け説明会やIRフェアの際に財務情報とあわせて、グループのCSR活動を伝えることに努めています。

国内においては、アナリスト・機関投資家の方々に対し、半期ごとの決算説明会を開催しています。ここでは、社長自らが業績や経営戦略などについて説明を行っています。また、国内での投資家ミーティングやテーマ別での個別スモールミーティングを随時開催しています。
ワコールのブランド価値の源泉である「品質重視のものづくり」について、一層の理解を深めていただくことを目的として、縫製工場見学も毎年定期的に開催しています。
個人投資家向けには、全国各地の株主の皆さまとの双方向コミュニケーションと、新たな株主との接点づくりを目的として、各地方でのセミナーや証券会社の営業社員向けセミナーなどを実施しています。
海外においては、アジアで海外投資家とのミーティングを行うとともに証券会社主催のカンファレンスにも積極的に参加しています。

2015年度開催実績

活動内容 開催時期
決算説明会 2015年5、11月(東京)
【国内】投資家ミーティング
カンファレンス
スモールミーティング
2015年5、7、8、9、11、12月
2015年9月 2016年2、3月(対象:海外投資家)
2015年9月
縫製工場見学 2015年9月(北陸工場)
個人投資家向けセミナー 2015年7月(高知、徳島、香川)
2016年3月(京都)
【海外】投資家ミーティング 2015年度未実施

ワコールホールディングスのIR情報については、こちらからご覧ください。