株式会社ワコールホールディングス


  1. ホーム
  2. 企業・グループ情報
  3. ワコールの歴史
  4. 1950's ワコール誕生
  5. 『ブラパット』から婦人洋装下着メーカーへ

ここからメインコンテンツ

1950's ワコール誕生

『ブラパット』から婦人洋装下着メーカーへ

終戦により平和となった日本には急速な欧米化の波が押し寄せ、女性のファッションも、それまでの和装(着物)から、洋装(洋服)中心へと、大きく変化しつつありました。
当初、塚本幸一の和江商事はネックレスやヘアークリップといった、女性の装身具や雑貨の卸・販売を中心にしていました。
そこへ1949(昭和24)年夏、洋服の内側に着装して、バストを形良く見せる『ブラパット』の取り扱いを始めたことから、和江商事は大きな転機を迎えることになります。
針金をらせん状に巻き、布をかぶせてバストの形を演出する『ブラパット』は大成功し、引き続き仕入れたコルセットも飛ぶように売れました。
さらに当時のアメリカの通信販売カタログから、女性下着の市場の大きさを察知したことから、塚本幸一は、洋装化が進む日本女性にとって、今後、ブラジャーやコルセットといった婦人洋装下着の需要が飛躍的に拡大することを確信します。
本格的な婦人洋装下着のメーカーをめざして、塚本幸一は、まず、自社製のブラジャーの開発に着手しました。


本文のトップへ戻る

このページのトップへ