1. ホーム > 
  2. ワコールだから、できること > 
  3. 糸が導く、色とりどりの世界。

ワコールだから、できること

伝える、広める

糸が導く、色とりどりの世界。

昨今、洋服のリメイクや携帯電話のデコレーションなど、身近なものを自分流に変化させて楽しむブームが続いています。よく目にする既製品も、少し手を加えるだけでオリジナリティが出て愛着が湧き、つくる楽しさがモノを大事にすることにつながるハッピーな現象です。

ワコールグループの『株式会社ルシアン』は、1950年から刺しゅう糸の取り扱いを開始しました。手刺しゅう用糸の定番、6本あま撚りの25番糸は100色からはじまり、1961年に195色、1969年に247色、1974年に328色と、世間のニーズに応えてラインナップを増やし446色を手がけるまでになりました(2016年3月現在)。シルクのような光沢、ソフトな風合い、美しく長持ちする発色は、その品質の高さから日本国内に留まらず、アメリカやヨーロッパ、オーストラリア、台湾など世界中の人々に愛用されています。

刺しゅうをしない人にとって、刺しゅう糸は関心が薄い商品かもしれません。でも、ふとしたきっかけから楽しみが広がり、親しまれ、生活に彩りを添えてくれる存在になることもあります。たとえば、Jリーグブームから火のついた「ミサンガ」や、糸がふさふさゆれてかわいい「タッセル」など。刺しゅう糸は本来、布に刺して模様を縫い表すものでしたが、若い世代の柔軟な発想から編んだり結んだりして形を変え、新たな作品となりました。

ルシアンは、刺しゅう糸という商品を提供するだけでなく、このような作品を生み出す機会も提供しています。次世代を担う若手クリエーターに向けては、創作活動の布・糸の提供や展示会などイベント開催の協力。また、刺しゅう糸を使ったグリーティングカードブランド『THREADPORT/3』を立ち上げ、簡単なキットで思いを込めたカードづくりを提案するなど、商品を使った新しい“手づくり”の可能性を広げています。

刺しゅう糸が、単なる“糸”ではなく、発想の“種”に。アイデアの一つひとつが生活に彩りを添え、気持ちを豊かにする存在になってほしい。ルシアンは、そんな色とりどりの世界をつくるきっかけの場を、これからもたくさん提供していきます。