1. ホーム > 
  2. ワコールだから、できること > 
  3. 小さなつぼみ、花ひらくまで。

ワコールだから、できること

伝える、広める

小さなつぼみ、花ひらくまで。

はじめてブラジャーをつけた日を憶えていますか。

心とカラダがひと際成長する思春期。女の子は、年齢を重ねる過程で女性らしい体つきに成長し、それにともない身につける下着も変化していきます。「自分のカラダと向き合い、健やかに素敵な女性に育ってほしい」。そんな思いから、ワコールでは小学校高学年から中学生の女の子と、その保護者の方に向けた『ワコール ツボミスクール』を開催しています。大人と子どものカラダの違い、個人差、年齢では測れない成長期のカラダの変化に応じた下着の選び方などを分かりやすくお伝えする、出張型下着教室です。

スクールは、関東を中心に2001年にスタートし、2004年からは関西でも実施しています。年々開催数も増えて、2015年3月までで延べ8万人以上の方に受講いただきました。参加した女の子からは「自分に合う下着を探したいと思った」「カラダを理解することの大切さがわかった」など関心の高まりが感じられ、保護者からも「ずっと気になっていた課題だったので、詳しく話が聞けてよかった」「同級生のお母さんにも教えてあげたい」など、好評の声が寄せられています。

ツボミスクールの講師は、みなワコールの女性社員。授業で紹介している専門的なデータは、ワコール人間科学研究所のものを使用しています。これまで50年以上日本女性の美を深く追求し、知識を蓄積してきたワコールだからこそできる授業です。

多感な思春期の女の子は、多かれ少なかれ不安や悩みを抱えています。中にはカラダの変化に大きな戸惑いを感じる人もいるでしょう。そんな心持ちを少しでも和らげ、成長の喜びや下着選びの楽しさを知ってほしい。毎日が、晴れやかな笑顔であふれるように。ワコールの知識、思いが、女性の美はもちろん、心も支える存在でありたいと願っています。