1. ホーム > 
  2. “Wacoal”というモノづくり > 
  3. 「一針、一ミリ、一秒」に、宿す想い。

“Wacoal”というモノづくり

Wacoal Quality

「一針、一ミリ、一秒」に、
宿す想い。

常に新しいモードを取り入れ、現代の女性にマッチする洗練された美を紡ぎ出すワコールの最高級ブランド『ワコールディア』。スタイリッシュなデザインを優美で繊細な素材が際立たせ、まるで“芸術作品のようなランジェリー”と言われるほどのクオリティーの高さと美しさを誇っています。

その製造拠点が1970年に操業を開始した自社工場、北陸ワコール縫製です。『ワコールディア』や『トレフル』などの高級ブランドをはじめとした11本の生産ラインを、約250名の従業員で担っています。

長年の経験に裏付けされた高度な技術は、ランジェリー製造の要。なかでも『ワコールディア』は、精巧で緻密な縫製技術を必要とし、専属ラインで一工程一工程丁寧にメンバーが対応しています。上品で可憐なデザインを実現するべく、他では類を見ない極細の糸や繊細なレース生地を用い、それらを一つひとつ丁寧に縫い合わせる手さばきや細かな針目に、縫製員の匠の技を感じます。

製造のなかでもっとも大切にしているのは、デザイナーの想いを縫製員がしっかりと感じ、受け止め、商品に想いを込めること。培ってきた技術を駆使し、新しい工程に挑戦し続けることで想いが具現化していくのです。困難な縫製仕様を乗り越え編み出してきた技術は、今後ワコールの資産として脈々と受け継がれていくことでしょう。

北陸ワコール縫製には、縫製員の志とも言える合い言葉があります。
それは「一針、一ミリ、一秒」。
一針とは、ひと針ひと針にかける、縫製員の想い。
一ミリとは、少しのズレも許さない、厳しく緻密な縫製。
一秒とは、一秒でも早く次工程へ、工程時間短縮の飽くなき挑戦。
この3つを叶えることで理想的な製造現場へと育ち、最高級の製品が生み出されます。そこには、高度な技術力だけでなく強い精神力も求められる、簡単にはいかないモノづくりだからこそ、『ワコールディア』の美しさは尊く、見るものを魅了するのかもしれません。