1. ホーム > 
  2. “Wacoal”というモノづくり > 
  3. 「下着屋さんの靴」と、呼ばれる誇り。

“Wacoal”というモノづくり

Wacoal Method

「下着屋さんの靴」と、
呼ばれる誇り。

女性がビジネスシーンでより美しく、快適に働けるように。

ヒールの高い靴を履き、颯爽と歩く女性は快活で美しく感じます。しかし、パンプスは「長い距離を歩けない」「靴ずれする」「痛い」など、悩みが多いアイテム。「それなら、私たちが“エレガントで疲れにくい”靴を開発しよう」という思いから、度重なる研究を経て2004年に販売を開始したのが、働く女性のための靴『サクセスウォーク』です。

靴の販売をしていると、「下着屋さんが作る靴?」と疑問を持たれることもあります。しかし、ワコールだからこそできる靴づくりがあると私たちは思います。

ワコールの靴づくりには、下着づくりで培ってきた商品開発力が活かされています。例えば、パンプスの不満の原因について調査するために、開発当初は社員がモニターとなって、足に関するデータ収集からスタート。その結果、からだの重心とヒール位置の関係が履きごこちに大きく影響すると分かり、体重をしっかり受け止めるオリジナルヒール構造を開発しました。他に、靴をかたどる木型やインソールの設計にも、研究の成果が反映されています。

また、下着と同様に一人ひとりに合ったサイズの提案も行っています。ブラジャーのサイズを選ぶように、『サクセスウォーク』も縦幅・横幅・かたちの3点から選べるサイズを展開し、売場ではシューフィッターという靴選びのプロが、ぴったりの靴を探すお手伝いをしています。高い機能を持った靴でも、履く人の足に合わなければ快適な履きごこちにはなりません。これは下着と靴、両者に共通することです。

現在『サクセスウォーク』は、ホテル職員や客室乗務員、就職活動中の学生の間でクチコミで話題となり、多くの女性のビジネスシーンをサポートしています。また、2015年9月からは足の加齢変化がはじまる40~50代の働く女性たちの声にも応え、パンプスが辛くなってきた方へ向けた『サクセスウォーク アシラク』の展開も始まりました。

扱う商品は変わっても「一人ひとりの女性に寄り添い、愛される商品を」という思いは変わりません。身につけたときのここちよさ、そして美しさを考え続けるワコールだからこそ、生み出すことができた商品です。