ワコールホールディングス リニューアル:ニュースリリース https://www.wacoalholdings.jp ワコールグループ、グローバル共通の新コーポレートメッセージを発表 https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/-comfortable-inside-confident-outside-comfortable-inside.html <strong>株式会社ワコールホールディングス(以下、当社グループ)は、すべてのステークホルダーに向けて、当社グループの経営理念や事業活動を理解いただくための新たなコーポレートメッセージ “Comfortable inside. Confident outside.” を策定しましたので、お知らせいたします。</strong><br> 新しいコーポレートメッセージには、「世界中のあらゆる人々の豊かな生活に貢献したい」、「画一的な外見美ではなく、内面も含めた自分らしさの実現をお手伝いしたい」、「環境や人権などさまざまな社会課題の解決に努めたい」、というワコールグループの想いを込めています。現代社会において当社グループが果たすべき社会的使命「ミッション」を達成し、お客様や社会から必要とされる企業であり続けるために、このメッセージのもと全社一丸となり、事業を通じて「社会課題の解決」と「持続的成長」の両立を目指す「サステナビリティ経営」を推進することで、企業価値の向上に努めていきます。<br><br> グローバル共通の新コーポレートメッセージ<br> <strong>“Comfortable inside. Confident outside.”</strong> <br><br> からだのここちよさ、こころの美しさ。<br> それはまるで引力のように、自分と社会とを結び付けてくれる。<br> ありたい自分を知り、一歩ずつ近づくこと。<br> そこで生まれた自信は、多様な人々を受け入れる優しさを育む。<br> その優しさは、やがて社会や地球へ広がり、思いやりあふれる豊かな未来へとつながっていく。<br> からだに こころに いちばん近いところで、一人ひとりの輝きに寄り添い続けてきたワコールだから。<br> 変化に挑み、成長を続けることで、世界を美しくする力になれる。<br> 私たちは、そう信じています。 <br> <br> <br> <br><br><IMG SRC='https://www.wacoalholdings.jp/news/assets_c/2022/06/WHD_release_1-thumb-350xauto-1009212.jpg'> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news20220615.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-06-15 『デジタルトランスフォーメーション(DX)注目企業2022』に選定 https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/dx2022.html <strong>株式会社ワコールホールディングス(本社:京都市、社長:安原弘展、以下当社)は、経済産業省と東京証券取引所が選定する『デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄』における『DX注目企業2022』に選定されました。昨年度の『DX注目企業2021』選定に続き、2年連続の選定となります。</strong><br><br> ■『DX 注目企業 2022』について<br> 東京証券取引所に上場している企業の中から業種別に総合評価点が高い企業が選定される『DX 銘柄』に準ずるもので、DX の裾野を広げていく観点で、総合評価が高かった企業、注目されるべき取り組みを実施している企業が選定されるものです。今回の『DX注目企業2022』では、15社が選定されています。また、『DX銘柄』『DX注目企業』に選定されるためには、『DX認定』の取得が必要となっており、当社は2022年5月1日に『DX認定事業者』に選定されております(※1)。<br><br> ■当社の取り組み<br> 当社の中核事業会社である株式会社ワコール(本社:京都市、社長:伊東知康、以下ワコール)では、お客さまサービスをデジタル技術で革新し、店舗とECの連携を図る独自のCX戦略を推進しており、その一環として3D計測サービスと接客AI(人工知能)を活用した接客サービス『3D smart & try(※2)』の展開を、2019年5月から本格化しています。<br> 今回当社が認定されたのは、これまで培ってきたワコール独自の身体計測・研究・接客などのノウハウをデジタル技術で進化させ、顧客起点の新しい接客サービス『3D smart & try』として展開・実行したことに加え、そのサービスを活用しさまざまな分野との協業を進めている点など、革新的な価値の創造にチャレンジする姿勢が評価されたものです。<br><br> <直近の取り組み事例><br> ■他業界との協業<br> ・がん研究会有明病院と株式会社ワコールが、「乳房再建手術」に関する共同研究を開始(※3)<br> ■グローバルでの展開<br> ・欧州で『3D smart & try』を活用したマーケティングの推進に着手<br><br> 今後も、ワコールはインナーウェアにとどまらないさまざまな分野との協働を推進し、デジタル技術を活用してサービスを顧客視点で進化させることで、一人ひとりのお客さまへ向けた「最適なサービス」を開発・提供してまいります。<br><br> ※1  経済産業省が定める「DX認定事業者」に選定<br> <a href="https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/dx.html">https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/dx.html</a><br> ※2  "インナーウェア体験の未来を創る"接客サービス 「3D smart & try(スマート アンド トライ)」を開始<br> <a href="https://www.wacoalholdings.jp/news/2019/-3d-smart-try.html">https://www.wacoalholdings.jp/news/2019/-3d-smart-try.html</a><br> ※3  がん研究会有明病院と株式会社ワコールが、「乳房再建手術」に関する共同研究を開始<br> <a href="https://www.wacoalholdings.jp/news/2021/post-19.html">https://www.wacoalholdings.jp/news/2021/post-19.html</a><br> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news220608.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-06-08 現代社会においてワコールグループが果たすべき社会的使命「ミッション」を新しく策定~「創業の精神」と「ミッション」を従業員一人ひとりが実践し、変化対応力を強化~ https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/post-29.html <strong>株式会社ワコールホールディングス(本社:京都府京都市、社長:安原弘展、以下当社グループ)は、複雑化・多様化する社会課題への取り組みを将来の「成長機会」として捉え、事業を通じて「社会課題の解決」と「持続的成長」を実現するため、「サステナビリティ経営」を推進しています。「サステナビリティ経営」の推進にあたり、このたび、現代社会において当社グループが果たすべき社会的使命「ミッション」を策定しましたので、お知らせします。</strong><br> 当社グループは、日本、米国、欧州、中国、東南アジアを中心に、インナーウェア事業などを展開しており、1946年の創業以来、「人々の美しさに貢献することで、広く社会に寄与する」ことを目指して活動してきました。2020年から始まった新型ウイルス感染症の感染拡大を経て、当社グループを取り囲む社会環境は激変しました。また、地球温暖化の問題はさらに深刻さを増しており、消費者の価値観・サステナビリティへの意識もますます進化しています。これらの変化に対応するとともに、複雑化・多様化する社会課題への取り組みを将来の「成長機会」として捉え、事業を通じて「社会課題の解決」と「持続的成長」の両立を実現するため、現代社会において当社グループが果たすべき社会的使命「ミッション」を策定しました。同時に、70年を超える歴史の中で受け継いできた「社是」、「目標」、「経営の基本方針」を、ワコールグループの根底にある「創業の精神」として位置付けることとしました。<br> <br> 私たちの事業活動は、一人ひとりのお客様の声に耳を傾け、謙虚に自らを変革し、人と人とが互いに信頼し合う「相互信頼」を積み重ねることで成り立っています。「創業の精神」と新たな「ミッション」を従業員一人ひとりが実践し、変化対応力を強化することで、「顧客」「取引先」「従業員」「地域社会」「株主」などすべてのステークホルダーとの「相互信頼」の関係を構築してまいります。 <br> <strong>■ミッション</strong><br> <br> <strong>ひとりひとりが 自分らしく美しく いられるように<br> 世の中が 自信と思いやりに あふれるように<br> からだに こころに<br> いちばん近いところで 寄り添い続けます</strong><br> <br> からだのここちよさ、こころの美しさ。それはまるで引力のように、自分と社会とを結び付けてくれる。<br> ありたい自分を知り、一歩ずつ近づくこと。そこで生まれた自信は、多様な人々を受け入れる優しさを育む。<br> その優しさは、やがて社会や地球へ広がり、思いやりふれる豊かな未来へとつながっていく。<Br> からだに こころに いちばん近いところで、一人ひとりの輝きに寄り添い続けてきたワコールだから。<Br> 変化に挑み、成長を続けることで、世界を美しくする力になれる。私たちは、そう信じています。<br> <br> <br> <strong>■創業の精神</strong><br> <br> <目標><br> 世の女性に美しくなって貰う事によって<br> 広く社会に寄与する事こそ<br> わが社の理想であり目標であります<br> <br> <社是><br> わが社は 相互信頼を基調とした<br> 格調の高い社風を確立し<br> 一丸となって 世界のワコールを目指し<br> 不断の前進を続けよう<br> <br> <経営の基本方針><br> 1.愛される商品を作ります<br> 2.時代の要求する新製品を開発します<br> 3.大いなる将来を考え正々堂々と営業します<br> 4.より良きワコールはより良き社員によって造られます<br> 5.失敗を恐れず成功を自惚れません <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news20220603.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-06-03 6月5日(日)は環境の日~ワコール新京都ビルがグリーンにライトアップ~ https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/65.html <strong>株式会社ワコールは、環境省が推進する「#環境の日はグリーン」キャンペーンに賛同し、2022年6月4日(土)・5日(日)の2日間、ワコール新京都ビル(京都駅八条口)をグリーンにライトアップします。</strong><br><br> <strong>■「#環境の日はグリーン」キャンペーンについて</strong><br> 「環境の日」は、1972年6月5日にストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。この「環境の日」の認知度向上及び環境問題への更なる意識向上を目的に、日本各地のランドマーク施設約260施設のライトアップカラーが、環境をイメージした「グリーン」に変わります。<br><br> #環境の日はグリーン 公式HP<br> <a href="https://www.env.go.jp/guide/envmonth/green/">https://www.env.go.jp/guide/envmonth/green/</a><br><br> <strong>■ワコールの環境目標</strong><br> 当社は、2021年10月に、深刻化する気候変動課題の解決と脱炭素社会の実現に向けた取り組みを進めるため、2030 年に向けた独自の環境活動の目標を設定しています。<br><br> <strong>環境目標2030</strong><br> ①自社排出量をゼロに(対象:国内事業)<br> 温室効果ガスの自社排出量(Scope1、2)「ゼロ」を目指し、順次、再生エネルギーへの切り替えを実施<br> ②製品破棄をゼロに(対象:(株)ワコール)<br> 製品破棄「ゼロ」(20年3月期の破棄率は1.0%)を目指すとともに、工場での残材料破棄削減に向けた取り組みを推進<br> ③環境配慮型素材の使用比率を「50%」に(対象:(株)ワコール)<br> 再生繊維やリサイクル糸などに切り替えるなど、環境配慮型素材の使用比率「50%」を目指す<br><br> 引き続き、「地球環境を守ることは企業の責務である」との認識に立ち、消費者に長く愛していただける“ものづくり”と、環境保全に配慮した事業活動を推進していきます。 <br><br><IMG SRC='https://www.wacoalholdings.jp/news/assets_c/2022/06/6807da09c7f68fb0b8ad99d55f436b32-thumb-350xauto-1002136.jpg'> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news220603.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-06-02 Wingの直営店が東京・二子玉川にオープン ~“生活するからだと会話する”Wingのすべてがここに~ https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/wing-wing.html 株式会社ワコールが展開するブランド「ウイング」は、2020年12月より“生活するからだと会話する”をコンセプトに、ブランドリニューアルを行いました。生活者に寄り添う身近なインナーウェアブランドとして、お求めやすい価格帯商品の充実とともにチェーンストアを主とする実店舗やオンラインで販売チャネルを拡大しています。<br> <br> そして5月20日(金)、リブランディング後、初となる直営店[ウイング 二子玉川店]を二子玉川ライズ・ドッグウッドプラザ(東京都世田谷区玉川2-23-1 2F)にオープンします。<br> <br> [ウイング 二子玉川店]は、“お客さまご自身(セルフ)で気持ちよく、ぴったりの一枚が見つけられるショップ”をテーマに、ファミリー世帯が多い二子玉川の街をイメージした、幅広い世代に寄り添える商品を提案。店内では、「生活シーンに合わせた下着を選ぶ理由」と題した5つのカテゴリーをご紹介しています。<br> <br> また、デジタルツールを活用した店内では、お客さまご自身のスマートフォン端末や店内に設置したタブレットを用いてお買い物体験を楽しんでいただける仕組みとなっています。<br> <br> 展開商品は、様々なからだやこころの変化に応える「ウイング」、デザイン性の高さで日常にさらなる彩りを提供する「ウイング レシアージュ」、小中高生のはじめてのからだとの向き合いに応える「ウイング ティーン」、ここちよい眠りへからだとこころを導く「ウイング スリープ」、産前・産後のからだやこころの変化に応える「ウイング マタニティ」(※)を展開し、幅広い世代の女性に対応できるラインアップです。<br> <br> 今後、[ウイング 二子玉川店]は“生活するからだと会話する”を具現化するショップとして、お客さまに寄り添ったコミュニケーションを展開していきます。<br> <br> ※「ウイング マタニティ」については、WEB限定で展開していた商品を、リアル店舗ではウイング直営店のみで展開し、産前・産後をサポートする商品を実際にご覧いただけます。<br> <br> 「ウイング」公式ホームページ:<a href="https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/wing-wing.html" target="_blank" title="https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/wing-wing.html">https://www.w-wing.jp</a>/<br> <br> <br><br><IMG SRC='https://www.wacoalholdings.jp/news/assets_c/2022/05/cffbc7bafb58ef8a51bedc47a780a6e8-thumb-350xauto-966981.jpg'> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/8ef59288087028dc124c872e2fc38d41_1.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-05-18 経済産業省が定める「DX認定事業者」に選定 https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/dx.html <strong>株式会社ワコールホールディングス(本社:京都府京都市、社長:安原 弘展、以下当社)は、2022年5月1日、経済産業省が定めるDX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度に基づく「DX認定事業者」の認定を取得しましたのでお知らせします。</strong><br><br> DX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省が定める「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応し、経営ビジョンの策定や戦略・体制の整備などDX推進の準備が整っている事業者を国が認定する制度です。企業を中心に社会全体でDXを推進していくことを目的に作られた制度で、2022年5月1日時点で当社を含む394社が認定を受けています。<br><br> 当社では、デジタル化・自動化による生産や物流工程の効率化に加え、「オンラインとオフラインの融合」「顧客データの活用」「デジタルテクノロジーによる店舗サービスの革新」など、顧客体験の向上に向けて取り組む独自の「CX戦略」を推進しています。今後も、競合の追随できないサービス網の確立を目指し、CX戦略店舗の全国展開を進めるほか、蓄積されたパーソナルデータをもとに新商品・サービスを創出し、お客さま一人ひとりと「深く、広く、長く」つながる関係を築くことで、ブランド価値を高め、確かな成長を実現します。<br><br> ■ご参考<br> ・DX認定制度 認定事業者の一覧<br> <a href="https://disclosure.dx-portal.ipa.go.jp/p/dxcp/top">https://disclosure.dx-portal.ipa.go.jp/p/dxcp/top</a><br> ・『デジタルトランスフォーメーション(DX)注目企業2021』に選定<br> <a href="https://www.wacoalholdings.jp/news/2021/dx2021.html">https://www.wacoalholdings.jp/news/2021/dx2021.html</a><br> <br><br><IMG SRC='https://www.wacoalholdings.jp/news/assets_c/2022/05/495b042c79d04d42cf5abdfa321aabc1-thumb-350xauto-960594.jpg'> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news20220509.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-05-09 「パートナーシップ構築宣言」を公表 https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/-a-bit-c.html <strong>株式会社ワコール(本社:京都府京都市、社長:伊東 知康、以下当社)は、内閣府や中小企業庁などが推進する「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」の趣旨に賛同し、「パートナーシップ構築宣言」を公表いたしました。</strong><br><br> 「パートナーシップ構築宣言」は、大企業と中小企業が共に成長できる持続可能な関係を構築するために、企業の代表者が、サプライチェーン全体の共存共栄と規模・系列等を越えた新たな連携や、親事業者と下請事業者との望ましい取引慣行の順守について宣言するものです。<br><br> また、この度の「パートナーシップ構築宣言」では、以下の個別項目を明示しています。<br> a.企業間の連携(オープンイノベーション、共同研究の推進 等)<br> b.IT実装支援(デジタル技術の導入による顧客サービス・製品開発・物流業務の進化 等)<br> c.グリーン化の取組(環境配慮型素材の使用比率向上、製品廃棄の削減 等)<br><br> 当社は今後も、サプライチェーンの取引先や価値創造を図る事業者の皆さまとの連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップの構築を目指します。<br><br> <strong>■ご参考</strong><br> 「パートナーシップ構築宣言」ポータルサイト<br> <a href="https://www.biz-partnership.jp/index.html">https://www.biz-partnership.jp/index.html</a><br> 株式会社ワコール パートナーシップ構築宣言<br> <a href="https://www.biz-partnership.jp/declaration/10604-05-03-kyoto.pdf">https://www.biz-partnership.jp/declaration/10604-05-03-kyoto.pdf</a><br> <br><br><IMG SRC='https://www.wacoalholdings.jp/news/assets_c/2022/04/partnership_logo-thumb-350xauto-960349.png'> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news20220428.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-04-28 国連グローバル・コンパクト署名のお知らせ https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/post-27.html <strong>株式会社ワコールホールディングス(本社:京都府京都市、社長:安原弘展、以下当社)は、国際連合が提唱する「国連グローバル・コンパクト(以下、UNGC)」に署名し、4月8日付で参加企業として登録されました。 併せて、日本における ローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に加入しました。</strong> UNGCは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。UNGCに署名する企業・団体は、人権の保護、不当な労働の排除、環境への対応、腐敗の防止に関わる10の原則に賛同する企業トップ自らのコミットメントのもと、その実現に向けて努力を継続することが求められます。<br><br> 当社グループは、創業以来、経営理念である「相互信頼経営」と「人間尊重の経営」を積み重ねてきており、提供する商品やサービスを通してお客様一人ひとりの健やかで豊かな毎日に貢献することで、持続可能な社会の実現を目指しています。UNGCが定める「人権」、「労働」、「環境」、「腐敗防止」からなる4分野10原則を支持するとともに、社会的課題の解決と持続的発展に向けた取り組みを実⾏してまいります。<br><br> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news20210419.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-04-19 「ワコールグループ人権方針」制定のお知らせ https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/post-26.html <strong>ワコールホールディングス(本社:京都府京都市、代表取締役社長執行役員:安原 弘展)は、人権への問題意識の高まりと企業の社会的責任を踏まえ、人権尊重の取り組みをグループ全体で推進するため、「ワコールグループ人権方針」を制定しました。なお、本方針は、国連が定めた「ビジネスと人権に関する指導原則※」に準拠しています。</strong><br><br><br> 「ワコールグループ人権方針」(以下、本方針)は、人権尊重の取り組みをグループ全体で推進し、その責務を果たしていく指針として、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づいて定めたものです。<br><br> <strong>(1) 基本的な考え方</strong><br> ワコールグループ(以下、ワコール)は、創業以来、経営理念である「相互信頼経営」と「人間尊重の経営」を積み重ねてきており、提供する商品やサービスを通してお客様一人ひとりの健やかで豊かな毎日に貢献することで、持続可能な社会の実現を目指しています。<br> ワコールは、自らのすべての事業活動が人権尊重を前提に成り立っているものでなければならないと認識しており、以下の国際的な原則・基準を、人権に関して最低限遵守されるべき原則・基準と理解し、支持します。<br><br> ・「ビジネスと人権に関する国連の指導原則」<br> ・「OECD 多国籍企業行動ガイドライン」<br> ・「国連グローバル・コンパクト 10 原則」<br> ・「ILO中核的労働基準」<br><br> <strong>(2) 適用範囲</strong><br> 本方針は、ワコールのすべての役員と従業員に適用します。また、自社の製品・サービスに関係するすべてのビジネスパートナーに対して、本方針の理解・支持を期待します。<br><br> <strong>(3) 人権尊重責務の実行</strong><br> ワコールは、自社の事業活動が、直接または間接的に人権に影響を及ぼす恐れがあることを理解します。ワコールは、他者の人権を侵害しないことはもちろんのこと、自らの事業活動において人権に対する負の影響が生じていることが判明した場合には、是正に向けて適切な対応をとることで、人権尊重の責任を果たします。<br><br> <strong>・適用法令等の遵守</strong><br> ワコールは、事業活動を行うそれぞれの国または地域における法と規制を遵守します。国際的に承認された人権原則と各国の法令が相反する場合には、国際的な人権原則を最大限に尊重するための方法を追求します。<br><br> <strong>・人権デュー・ディリジェンス</strong><br> ワコールは人権デュー・ディリジェンスの仕組みを構築し、ワコールが社会に与える人権に対する負の影響を特定し、その予防および軽減を図ります。<br><br> <strong>・対話、協議</strong><br> ワコールは本方針を実行する過程において、必要に応じて外部専門家の知見を活用します。また、関連するステークホルダーとの対話と協議を真摯に行います。<br><br> <strong>・教育(研修)</strong><br> ワコールは本方針が自らのすべての事業活動に組み込まれ、効果的に実行されるよう、すべての役員と従業員に対し、幅広い人権啓発を行います。<br><br> <strong>・是正、救済</strong><br> ワコールは事業活動に伴う人権への負の影響を効果的に把握するために、実効性のある通報対応の仕組みを整備していきます。また、人権に対する負の影響を引き起こした、あるいは助長したことが明らかになった場合、適切な手続きを通じてその救済に取り組みます。<br><br> <strong>・報告、情報開示</strong><br> ワコールは人権尊重の取り組みの進捗、およびその結果をウェブサイトなどで開示します。<br><br> 【ワコールグループ人権方針】<br> <a href="https://www.wacoalholdings.jp/sustainability/rights/index.html" target="_blank" title="ワコールグループ人権方針">https://www.wacoalholdings.jp/sustainability/rights/index.html</a><br><br><br> ※「ビジネスと人権に関する指導原則」<br> 2011年に国際連合人権理事会が採択。「指導原則」を実践に組み込み、企業活動により重大な損害を被るリスクにさられている人々を守ることを目的としています。<br> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news20220407.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-04-07 新入社員への社長メッセージ(要旨) https://www.wacoalholdings.jp/news/2022/post-25.html 株式会社ワコール(代表取締役 社長執行役員 伊東知康)は、本年度33名(※)の新入社員を迎えました。<br> 新入社員への社長メッセージ(要旨)は以下となります。 <br><br> <strong>「熱意を持ち、夢中になって、新しいワコールをともに創ろう」</strong> <br><br> 皆さん、入社おめでとうございます。役員、社員を代表して、皆さんの入社を歓迎します。<br> 感染症の影響によって生じた消費者の生活様式や価値観の変化は、今や「当たり前」となり、感染症拡大前の環境に戻ることはなくなりました。また、消費者をはじめとするステークホルダーのサステナビリティに対する意識は、環境をはじめ、人権やガバナンスに至るまで、以前と比べて飛躍的に高まりました。<br> ワコールは、「全ての人に美しくなってもらうことで、広く社会に寄与する」という創業の精神を根底にしながらも、今の時代に生まれた新しい価値観に対応するため、さまざまな変革を進めています。その変革を一層推進するためにも、まずは一つ一つの仕事に熱意を持ち、夢中になって取り組んでください。そして、臆することなく、皆さんの新しい視点を上司、先輩、仲間に伝えてください。全従業員が、多様な感性や想いを織り交ぜ、あるべき未来を共有し、夢中になって前進することが、「新しいワコール」の実現につながります。 <br><br> 世界中のワコールグループ社員にとっても、今日が新しいスタートです。<br> 皆さんの活躍を期待しています。共に歩んでいきましょう。 <br><br> ※ご参考<br> 新入社員人数:合計33名<br> 内訳:事業系16名、女子陸上部2名、販売系15名<br> <br><br>★詳しいデータと画像は、<A HREF='https://www.wacoalholdings.jp/news/files/news220401.pdf' TARGET=_blank>こちら</A> でご覧になれます。 <BR>(このファイルは、PDFファイルのためアクロバットリーダーが必要です。<a href='http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html' TARGET='_blank'>アクロバットリーダーのダウンロードはこちらから </a>) 2022-04-01