1. ホーム > 
  2. ニュースリリース > 
  3. 2012年 > 
  4. 8割の人がやっていた!「入眠儀式」とは?  “トイレ・歯磨き・パジャマ”

ニュースリリース

2012年07月20日

8割の人がやっていた!「入眠儀式」とは?  “トイレ・歯磨き・パジャマ”

株式会社ワコールは、9月3日「睡眠の日」(※)に向け、睡眠の現状を明らかにするため全国の20歳代から40歳代の男女1,029人を対象に、『睡眠に関するアンケート調査』を実施しました。
調査の結果から、自分の睡眠に対して「疲れが取れない、寝つき・寝起きが悪い」など、不満を持っている人が多くいることがわかりました。また、眠りにスムーズに入るための「睡眠のスイッチ」といえる行動「入眠儀式」を、習慣的に自然としていることが明らかになりました。

<現代の日本人の睡眠事情>

■睡眠時間「6時間未満」が3割以上(P2)
平均的な睡眠時間は、6時間~6時間半と回答した人が19.5% とトップ。3割以上の人が6時間未満の睡眠で日々の生活を送っています。
■7割以上が「自分の睡眠に不満」(P2)
「自分の睡眠」に対し、満足していると回答した人は28.9%。一方、やや不満・不満を合わせると71.1%。実に7割以上は何らかの不満を持っており、その不満は、「疲れが取れない」、「寝起きが悪い」、「寝つきが悪い」など、さまざまな悩みを抱えているようです。

<入眠のための行動 「睡眠のスイッチ」=「入眠儀式」>

■8割の人が「入眠儀式」を持っている。そのBEST3は “トイレ・歯磨き・パジャマ” (P3)
スムーズな寝つきのため、就寝前に行うその人独自の「睡眠のスイッチ」といえる習慣行動は「入眠儀式」と呼ばれています。
その「睡眠へのスイッチといえる行動」を82.4%の人が持っており、その具体的な内容BEST3は、「トイレに行く」、「歯を磨く」、「パジャマ等に着替える」でした。
■寝衣に着替えることは“睡眠モード”への重要なスイッチ (P4)
「寝るための衣類に着替えたときの気持ち」について、「着替えると眠る準備ができた気がする」、「着替えるとリラックスできる」、「着替えると1日の活動を終えた気がする」と、着替えることが睡眠への重要なスイッチになっていることがうかがえました。
■就寝時に着用している寝衣、夏場の“パジャマ派”は2割強。
しかし、「よい眠り」のためには5割強の人が“パジャマがいい”と思っている (P4)
就寝時に着用している寝衣は、夏は「Tシャツ・短パン」 60.1%、「パジャマ」 22.7% で、夏場にパジャマを着ている人は少数派、冬は「パジャマ」42.3%、「スウェット・ジャージ」42.3%が同率で1位でした。一方、54.2% と半分以上の人が「より良い眠り」のためには“パジャマ”がいいと思っていることがわかりました。


(※) 「睡眠の日」は、睡眠について正しい知識の普及と国民の健康増進への寄与を目的に、公益財団法人精神・神経科学振興財団 睡眠健康推進機構(2011年4月設立)が制定。9「ぐっ」 3「スリー」という語呂合わせから9月3日を「秋の睡眠の日」と定めています。

RSSワコールホールディングスは、最新情報をRSS配信しております。