1. ホーム > 
  2. ニュースリリース > 
  3. 2012年 > 
  4. 子どものバスト成長の事実と正しいブラジャー着用の必要性

ニュースリリース

2012年02月07日

子どものバスト成長の事実と正しいブラジャー着用の必要性

株式会社ワコールは、1949年の設立以来、「美しさ」「快適」「健康」をテーマに、女性のからだを科学的に研究することで、あらゆる年齢、サイズの女性たちに美しくなっていただくための商品開発を推進してきました。そのものづくりを支えるために、1964年より47年間延べ4万人を超える日本人女性のデータを測定してきた「ワコール人間科学研究所」は、2010年4月にバストの加齢変化(エイジング)の法則を明らかにしました。今回は、成人女性とは異なる成長期ならではのバスト変化の特徴と正しいブラジャー着用の重要性について、1976年から35年にわたって、4歳~18歳までの子ども(女子)約280人の同一人物による追跡調査の計測データを含む、延べ約4,500人のデータを分析した結果、以下のような事実が明らかになりました。
■子どものバストの成長変化の法則:バストは約4年間で3つのステップで成長する
<子どものバスト変化の成長ステップ>
ジュニアステップ1“めばえる”→ジュニアステップ2“ふくらむ”→ジュニアステップ3“まるくなる”
◇変化は「形」と「かたさ」の2つの点において起こる。
◇約4年間で大きく変化し、変化の順序は同じである。
◇バストの成長変化がはじまる時期は個人差が大きく、実年齢では判断できない。
■バストの成長変化のはじまりは“初経”の時期と関係する
成長変化の始まる時期は個人差が大きく、年齢では判断できないが、初経の時期とは関係が深いことが明らかになった。
◇バストの形やかたさが大きく変化するのは初経前後約4年間
◇初経の1年以上前からバストはふくらみ始め、初経の時期のバスト成長は、ジュニアステップ2に該当する子どもが多い
■変化の大きい成長期での専用ブラジャーの必要性:こまめな試着・採寸がポイント
<ジュニアステップ1>
本人が乳頭周辺に痛みを感じている場合、成長期専用のブラジャーを着用させるのをおすすめする。<ジュニアステップ2>
子どものブラジャー着用率は半数程度だが、既に乳房のふくらみは大きいので、ブラジャーを着用していないとバストが「揺れ」て「痛み」を感じる。初経を迎えたら、必ず成長期専用のブラジャーを着用してほしい。
<ジュニアステップ3>
大人用のブラジャーを着用している子どもが目立つが、バストはまだ成長途上のため、大人用のブラジャーではバストにフィットせず、「バストにぴったり合わない」、「ブラジャーがずれる」等の違和感を感じやすくなるので、成長期専用のブラジャーを着用することが大切である。
変化の大きい成長期のバストを健やかに育てるためには、日ごろから親子で密接にコミュニケーションをとり成長変化を見逃さず、購入時には試着・採寸をすることで常に正しいブラジャーを着用することが大切である。

RSSワコールホールディングスは、最新情報をRSS配信しております。