1. ホーム > 
  2. CSR > 
  3. CSRニュース > 
  4. 2019 > 
  5. 乳房文化研究会 定例研究会開催(2019年2月16日)

CSRニュース

2019年01月10日

乳房文化研究会 定例研究会開催(2019年2月16日)

2019年2月16日(土) 乳房文化研究会 定例研究会を 新京都ビル・「ワコールスタディホール京都」2階 スタディルームにおいて開催いたします。
今回のテーマは、『身体知を共に考え、体験する ~こころ、からだ、乳房~』 です。

自分の身体の大きさは、何を基準に判断しているのであろうか、「足を肩幅に開く」とはどのくらいの幅なのだろうか、自分では足を上げているつもりで道路のチェーンに引っ掛かってしまうのは何故だろうか。私たちが感じている身体=「身体知」とは、一体何なのか。その「身体知」について、医学的側面、感覚的側面から探り、こころとからだと乳房の関係について、共に考えて体験する研究会を開催します。

日時:2019年 2月16日(土) 13:40~17:30(受付13:10~)
場所:㈱ワコールスタディホール京都 2F スタディルーム(JR京都駅八条口より徒歩7分)
定員:100名(定員になり次第、締め切ります)  参加費:無料

<講演テーマ・講師>
■非分析的判断に必要な身体知性とは?
・佐藤 友亮 先生/神戸松陰女子学院大学 人間科学部 准教授
■ままならない体を生きる
・伊藤 亜紗 先生/東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院/大学院環境・社会理工学院 准教授
■~体験~身体と心をととのえる禅の作法
・藤井 隆英 先生/曹洞宗 一月院 副住職、整体師、zafu代表、身心堂 主宰

<パネルディスカッション>
■コーディネーター:河田 光博 運営委員(佛教大学 保健医療技術学部 教授/京都府立医大大学 名誉教授)
■パネリスト:佐藤先生、伊藤先生、藤井先生

※研究会終了後 、ご参加のみなさまとの「参加者交流会」(自由参加・無料)を研究会終了後に短時間で行います。

詳細、お申込みにつきましてはこちらからご確認ください。