1. ホーム > 
  2. CSR > 
  3. CSRニュース > 
  4. 2018 > 
  5. 乳房文化研究会 定例研究会開催(2018年6月9日)【終了しました】

CSRニュース

2018年05月22日

乳房文化研究会 定例研究会開催(2018年6月9日)【終了しました】

2018年6月9日(土) 乳房文化研究会 定例研究会を㈱ワコール本社ビル2階会議室にて開催いたします。
今回のテーマは、『アジアにおける乳房観 Part4』 モンゴル文化と女性 ~モンゴル民族衣装の変容と下着観~です。

アジアにおける乳房観Part4として、モンゴルの文化・社会環境・生活習慣について学び、多様な乳房観 ・身体観と現代日本の女性・母親を取り巻く社会環境の課題を探ります。

日時:2018年 6月9日(土) 14:00~17:30(受付13:30~)
場所:㈱ワコール 本社ビル 2F 会議室(JR西大路駅 徒歩4分)
定員:100名(定員になり次第、締め切ります)  参加費:無料

■講演テーマ・講師
「モンゴル文化と女性 家事と子育てをめぐって」
●島村 一平 先生  滋賀県立大学 人間文化学部 国際コミュニケーション学科 准教授

「モンゴル人女性の下着の嗜好」
●宮本 百合子 さん(モンゴル国立大学)
●ガンバートル・ゾルザヤさん (モンゴル国立大学)

「現代モンゴル女性の民族衣装の変容」
●速見 綾 さん (滋賀県立大学 人間文化学部 3回生)
●オトゴンバヤル・サロールさん (滋賀県立大学 研究生)

<パネルディスカッション>
■コーディネーター:廣瀬潤子 運営委員
(滋賀県立大学 人間文化学部 生活栄養学科 准教授)
■パネリスト: 島村先生、宮本さん、ゾルザヤさん、速見さん、サロールさん

※研究会終了後 、ご参加のみなさまとの「参加者交流会」(自由参加・無料)を短時間(17:45~18:30)で行います。
モンゴル料理を楽しみながらの交流に、 ご参加をお待ちしております! (自由参加・無料)

詳細、お申込みにつきましてはこちらからご確認ください。