1. ホーム > 
  2. ニュースリリース > 
  3. 2011年 > 
  4. からだと下着に関する1万人白書 “日本女性の見過ごせない下着選び”と“バストケア”

ニュースリリース

2011年04月18日

からだと下着に関する1万人白書 “日本女性の見過ごせない下着選び”と“バストケア”

株式会社ワコールは、2010年4月に、からだのエイジング(加齢による女性の体型変化)の事実と、“バストのサイズ・形・柔らかさ"に合ったブラジャーの重要性を発表しました。
 今回は、日本人女性のからだと下着に関する意識や実態を明らかにするため、全国の25歳から54歳までの女性約1万人を対象に意識調査を実施。
 調査の結果からは、日本人女性の見過ごせない下着選びやバストケアの実態が明らかになりました。

<ブラジャー選びの意識と実態>

■ブラジャーに不具合を感じている人は8割以上・・・・・P2
「肩ひもが落ちる」「動いている間にブラジャーがずれる」「カップが浮いたりする」など、ブラジャーに問題を抱えている人は83.7%。サイズ間違いや正しくない着け方が一因と考えられる。

■ブラジャー購入時の採寸・試着率は13.8%、しない理由1位は「面倒だから」・・・・・P3
ブラジャーを購入する際に、バストの採寸とブラジャーの試着をする人は、全体のわずか13.8%にとどまり、しない理由は「面倒だから」しないが37.2%でトップに。

■ブラジャー購入時の採寸・試着で「ブラジャーのジャストフィット」意識に差・・・・・P4
採寸・試着の両方を行っている人の69.1%が「ブラジャーが自分のバストに合っている(ジャストフィットしている)」と回答。どちらも行っていない人は35.7%にとどまる。

■カップサイズが大きい人ほど、ブラジャー選びの意識が高い・・・・・P5
ブラジャーのカップサイズがDカップ以上の人は、Cカップ以下の人に比べて、「採寸・試着」を実施している人の割合が高い。※カップサイズは自己申告

<バストケアの意識と実態>

■48.2%の女性が、バストの変化は「加齢」が原因と感じていながらも、43.1%の女性が、
「バストの形を維持するためのケアを行った事がない」・・・・・P6

バストが変化する理由として48.2%の人が「加齢」を挙げており、次いで「子供への授乳(21.7%)」、
「体重の増減(11.6%)」と続く。その一方で、バストの形を維持するためのケアを何もしていない人は43.1%と高い割合。

■バストケアをしたことのある5人に1人が、「大胸筋を鍛えるポーズ」を行っている・・・・・P7
「大胸筋を鍛えるポーズ」や「腕立て伏せをする」など様々なケアが実践されているが、バストケアとして「自分のバストサイズに合ったブラジャーを着ける」と回答した人は4人に1人

■4人に1人が「ノーブラで外出が可能」・・・・・P8
全体の27.0%の女性が「ノーブラで外出が可能」と回答。バストケアとしてのブラ着用意識が低い可能性がある。

【参考1】医学博士・共立女子大学 名誉教授 間壁治子先生による考察・・・・・P9
【参考2】その他の調査結果より抜粋・・・・・P10


詳しくは添付資料をご覧ください。

RSSワコールホールディングスは、最新情報をRSS配信しております。