1. ホーム > 
  2. CSR > 
  3. 環境

4.「環境」基本方針

ワコールは、「地球環境を守ることは企業の責務である」との認識に立ち、
環境保全に配慮した事業活動を推進しています。
設計から、材料開発、そして生産・物流・販売までの
商品の流れのさまざまな工程で、環境に配慮した取り組みを積極的に行い、
環境負荷の少ない商品提供と汚染の予防に努めています。
また、環境に関する法律・条例および自主管理基準を守り、
環境教育を通して従業員の意識向上を図り、
環境保全活動に協力・貢献できるように努めます。
そして、環境方針と環境保全への取り組み状況を一般に公開し、
社会と一体となった活動を進めていきます。

環境方針と環境目標

私たちは、グローバルな事業活動において、地球環境を守ることは企業の責務と考え、社会との調和をめざす「相互信頼」の精神に従い、「未来に約束 広がる笑顔と きれいな地球」をモットーとして、地球環境の保全に取り組んでいきます。

  1. 業務改善によって事業活動の各過程における環境負荷を少なくし、汚染の予防に努めます。
  2. 下記を中心とする環境目標を定め、環境管理システムを基に目標達成を図ります。
    1. 省エネルギー、省資源、CO2排出量の削減
    2. 廃棄物の減量と再資源化
    3. 人と環境にやさしい製品開発、技術開発
    4. 人と環境にやさしい材料、資材、事務用品などの購入
  3. 環境に関する法律・条例および自主管理基準を守ります。
  4. 環境教育を通して従業員の意識向上を図り、地域社会の一員として環境保全活動に協力・貢献できるように努めます。
  5. 環境方針と環境保全への取り組み状況を一般に公開し、社会と一体となった活動をめざします。

(2009年4月)

環境管理システム

ワコールでは下記のグループ会社で、環境管理システムISO14001またはKESの認証を取得しています。

・ISO14001認証取得会社

<国内>
株式会社ワコール
ワコールサービス株式会社
株式会社ウンナナクール
ワコール流通株式会社
九州ワコール製造株式会社
株式会社七彩
<海外>
広東ワコール有限公司
株式会社ベトナムワコール

・KES ※ 認証取得会社

新潟ワコール縫製株式会社
北陸ワコール縫製株式会社
株式会社トリーカ
株式会社ルシアン

KES新規ウィンドウ

環境目標

ワコールでは、「環境方針」の下、3年ごとに「中期環境行動計画」を策定し、目標を定めた環境経営を実践しています。

中期環境行動計画(2016年4月~2019年3月)

  1. 「業務改善=環境改善=生産性向上」
    ...環境活動を業務活動の一環と考え、生産性向上を重視した活動を進めます。
  2. CO2排出量の管理徹底
    ...事業所再編や新しい設備の導入により、CO2排出量を削減または維持します。
  3. ISO14001 2015年度版改訂対応
    ...ISO14001 2015年度版改訂に向け、環境管理マニュアルの見直しを進めます。
  4. グリーン購入を推進
    ...グリーン購入比率をデータ化し、購入を推進します。
  5. 廃棄物の管理徹底
    ...ごみ分別の徹底及びリサイクルの取り組みを強化します。
  6. 環境リスク管理の徹底
    ...PCB廃棄物の適正な管理と処分を実施します。
  7. 環境情報の公開
    ...ワコールホールディングスホームページで環境情報を公開します。
  8. 環境教育を通して従業員の意識向上
    ...従業員の環境教育を継続して実施します。
    ...6月「環境月間」には環境に関わる企画を実施し環境意識の啓発を図ります。
  9. 地域社会の一員として環境保全活動に協力・貢献
    ...社屋周辺の清掃・美化活動を実施します。
    ...各事業所において地域社会とのネットワークづくりを進めます。

活動実績

2006年~2015年までの環境活動の進捗を報告します。

電力使用量(単位:千kwh)

電力使用量グラフ

2012年度より自社の太陽光発電分が反映されております。

ガス使用量(単位:千㎥)

ガス使用量グラフ

CO2排出量(単位:t)

CO2排出量グラフ

水使用量(単位:千㎥)

水使用量グラフ

OA用紙使用量(単位:百万枚)

OA用紙使用量グラフ

廃棄物排出量(単位:t)

廃棄物排出量グラフ

焼却廃棄物(単位:t)

焼却廃棄物グラフ

リサイクル率(単位:%)

リサイクル率グラフ

環境保全の取り組み

ワコール流通株式会社 太陽光発電システム稼動開始(2012年2月)

ワコール流通株式会社は、太陽光発電システムを設置しました。
同システムは、CO2排出削減や再生可能エネルギー導入の機運が高まる社会背景から、企業環境活動の推進と電力使用量削減に対応すること、また地域貢献という観点から、災害時の避難場所としての提供を目的に導入します。
太陽光発電システムは、京セラ社製多結晶型で発電容量は499.95kwで、2015年度年間使用量の31%を充足し、事業用の発電量としては滋賀県最大規模となります。

設置場所:
ワコール流通株式会社西日本流通センターの建屋屋上(滋賀県守山市千代町1番地1)

屋上に設置することで、事業所5階の断熱、空調効率アップも期待できます。

システム概要

発電容量(瞬間最大発電量):499,95kw(208.4w/枚×2,399枚 /3,782㎡)
2015年度年間自家使用量(a):448.914kwh(a)
2015年度年間総電力使用量(b):1,430,651kwh(b)
2015年度発電量で、年間使用量の約31%(a/b)を充足し、休日等の未使用余剰電力は電力会社にて買取。

ワコール流通株式会社 太陽光発電システム稼動開始(2012年2月)

ブラ・リサイクル~使用済みのブラジャーを回収し、環境にやさしい固形燃料に

2007年にワコールが行った消費者の意識調査では「ブラジャーを捨てることに躊躇することがある」という回答が61%もありました。それを受けてワコールでは、2008年から環境活動の一環として、「ブラ・リサイクル」に取り組んでいます。これは、不要になったブラジャーを専用の回収袋(ブラ・リサイクルバッグ)に入れてお客様に店頭までご持参いただき、回収したブラジャーを産業用固形燃料(RPF)にリサイクルするというものです。このRPFと呼ばれる固形燃料は製紙会社などの熱源の燃料として使用されています。
また、回収されたブラ・リサイクルバッグは、デリケートな女性心理に配慮して、未開封のまま処理されます。
2012年度より、お客様のご要望にお応えし、ワコール製品の他、他社製品のブラジャーも回収対象としたため、回収量が飛躍的に増えました。
この取り組みは国内にとどまらず、2010年からは台湾でも実施しています。

ブラ・リサイクル
実績
2011 2012 2013 2014 2015 2016
実施店舗数 828店舗 746店舗 782店舗 895店舗 850店舗 800店舗
回収袋数 16,145袋 38,417袋 58,798袋 68,126袋 80,305袋 84,616袋
RPF加工重量 6,150kg 15,930kg 22,450kg 25,850kg 30,710kg 28,530kg
ブラジャー枚数※ 61,500枚 159,300枚 224,500枚 258,500枚 307,100枚 285,300枚

※ブラジャー枚数は回収重量を基に、ブラジャー1枚100gで換算した数値

エコマネキン~環境にやさしいマネキン・ボディ

店頭のウインドウを飾るマネキンや各種ボディの製造、販売を扱う(株)七彩は、2010年12月に、環境にやさしいバイオマスプラスチック※を使用したマネキン・ボディを発表しました。この新しい素材は、従来のマネキンの素材にバイオマスプラスチックを15%(重量比)混合したものです。お得意先からは、環境に配慮する姿勢へのご理解と多くのご賛同をいただきました。

※バイオマスプラスチック
トウモロコシなどのでんぷんや、サトウキビなどの糖分、食品廃棄物など、再生可能な生物資源から作られたプラスチック。枯渇が危惧され、地球温暖化の一因ともいわれている石油に頼らず持続的に作ることができる。

七彩新規ウィンドウ

NPOとの協働~不用衣料品を難民や被災者へ寄贈

2004年度から、NPO法人日本救援衣料センターを通じて、従業員の家庭で不用になった衣料品を難民や被災者へ支援物資として届ける活動を行っています。

衣料品寄贈量

衣料品寄贈量グラフ

NPO法人日本救援衣料センター新規ウィンドウ

エコキャップ回収運動に参加

エコキャップ回収運動とは、エコキャップ(ペットボトルのキャップ)を分別回収してリサイクル事業者に販売し、その収益を基に発展途上国の子どもたちに小児まひワクチンを寄付する運動で、NPOを中心に活動が展開されています。
ペットボトルのキャップをそのままゴミとして捨てると、キャップ400個(約1kg)あたり3,150gのCO2を排出しますが、これを分別回収してリサイクルするとCO2を削減できると共に、世界の子どもたちにワクチンを届けることができます。ワコールもこの活動に参加し、社内で廃棄されるエコキャップを分別回収しています。

衣料品寄贈量グラフ

「DO YOU KYOTO?」プロジェクトに協力

「DO YOU KYOTO?」は、「環境にいいことしてますか?」という合言葉です。
京都市では京都議定書が発効した2月16日にちなんで、毎月16日を「DO YOU KYOTO?デー」(環境に良いことをする日)とし、市内にある事業所や施設のライトダウン(消灯)を呼びかけています。
ワコールはこのプロジェクトに賛同し、京都市内の各事業所では毎月16日20時以降、完全消灯に努めています。

DO YOU KYOTO?新規ウィンドウ

ありがと本回収

2014年12月から、家庭で不要となった本・雑誌・コミック・CD・DVD・ゲーム等を社内で回収し、 特定非営利活動法人キッズドアへ寄付することで、日本国内の子どもたちの学習支援につながる活動を行っています。東日本大震災後は仙台市に拠点を構えて、岩手・宮城・福島の被災児童の教育支援 を実施しています。

TABLE FOR TWO

「TABLE FOR TWO」とは、「二人の食卓」という意味で、ランチ代のうち20円を開発途上国の 子どもの給食1食分として寄附し、メタボに悩む先進国と、食料不足に苦しむ開発途上国の2つの 課題を同時に解決しようという、NPO法人「TABLE FOR TWO International」の取り組みです。 ワコールでは2012年4月から、社員食堂にて、「テーブル・フォー・ツー(TABLE FOR TWO=TFT) メニュー」の低カロリーで野菜を多く取り入れたヘルシーランチを提供することで、寄附に繋げています。また、テーブル・フォー・ツーのメニューを食べなくても、自由に寄附ができる仕組みも 整えています。
TFTメニューの提供開始以降、多くの社員がこの取り組みに賛同しています。これからも、子ども 達に笑顔を届けられるよう、継続して取組んでいきます。

独自の自己評価指標

(対象は株式会社ワコールホールディングスおよび株式会社ワコール)

付加価値・CFP(カーボンフットプリント)* 比率

CO2の排出単位量あたり、いくらの付加価値を生み出したかを用いて効果測定します。本指標は、付加価値労働生産性(付加価値/総労働時間)とCO2排出量あたりの労働時間との積で表されます。従業員一人ひとりが能力を高め、効率よく働くこと、稼働時間における環境負荷を低減させること、という2つの側面で捉え直すことで、一人ひとりの行動につなげようとするものです。

* CFPは、電気・燃料・水・廃棄物に由来するものを含みます。エネルギー由来については、各年の地域ごとの換算値を使用