1. ホーム > 
  2. CSR > 
  3. CSRニュース > 
  4. 2017 > 
  5. KCIギャラリー『収蔵品紹介25』のお知らせ

CSRニュース

2017年10月02日

KCIギャラリー『収蔵品紹介25』のお知らせ

収蔵品紹介25:私と一緒に出かける? -19世紀後半のコートとケープ

19世紀後半、都市生活や社会構造の変化は、ファッション産業の発展などの要因が複雑に絡み合って、多種多様な衣服の需要を生み出しました。コート類は、顧客の身体にぴったりと合わせて誂えるドレスとは異なり、厳密なサイズにとらわれないアイテムでした。そのため、コート類は百貨店(デパート)でも既製服として販売されました。
1860年代から1900年頃までの、パリ・オートクチュールの作品や既製服のコート類をご覧いただきます。

【概要】
会期:2017年9月25日(月)~12月22日(金)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日:土・日・祝日(11月23日祝日は開館)
会場:KCIギャラリー
入場料:無料
*団体(20名様以上)でお越しの場合は、事前にご連絡くださいますようお願いいたします。
出展作品:19世紀後半のヴィジット(コート)やケープなど 計12点。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。