1. ホーム > 
  2. CSR > 
  3. CSRニュース > 
  4. 2017 > 
  5. KCIギャラリー『収蔵品紹介23』のお知らせ

CSRニュース

2017年01月30日

KCIギャラリー『収蔵品紹介23』のお知らせ

収蔵品紹介23:ここちよく、美しく。 ~ファッションにみる快適さへの夢~
本展示では、ファッションに現れる快適性をテーマに「動きやすさ」と「ここちよさ」の側面から服飾の歴史を掘り下げていきます。
19世紀のクリノリンやコルセットのように、身体への拘束を象徴するようなものにも女性たちの行動に配慮した改良が加えられていました。
また、18世紀の貴族にとっても、"引きこもり"となった現代人にとっても、自室でくつろぐことは、形は違えども大切な意味を持っています。
快適性という切り口で見つめ直すことで、KCIの収蔵品の新たな一面が浮かび上がってくるかもしれません。

【概要】
会期:2017年1月30日(月)~4月28日(金)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日:土・日・祝日
会場:KCIギャラリー
入場料:無料
*団体(20名様以上)でお越しの場合は、事前にご連絡くださいますようお願いいたします。
出展作品:18世紀から現代までの女性服と男性服、下着、スポーツウェアなど 計13点。
18世紀のバニヤン、19世紀後期のペチコート、20世紀初頭のメンズ・スーツ、さらにヴィクター&ロルフ、シャネル、ハトラ、+Jなど20世紀後期~現代の作品を含みます。
詳細につきましては、こちらをご覧ください。